• 子どもクラスの課題の内容

    課題は、次のような4つの基本的な表現方法に基づいて、毎回
    順に関連付けながら、変えて展開しています。

    1.見て描く絵

    一般的「写生」といわれています。花や器物など身の回りのものを観察して描きます。

    見て描く絵をさらに「精密に描く」と「感じを描く」に分けて課題を設定しています。

    ボールペン等線的表現に向くものを使用します。「感じを描く」絵ではパスや絵の具を使って自由にのびのびと表現します。

    2.考えて描く絵

    点や線、丸や三角、四角などの基本的な形を使って画面を構成します。

    一般的に抽象的な形をテーマにデザインし、子どもの発達段階に合わせ、形や色を学びながら表現し、様々な造形の基本を身につけます。

    見て描く絵は発達段階や経験によって表現の力の差が大きいのに対して、この課題は年令に応じて幅広く応用することができます。

    3.イメージで描く絵

    思い出して描いたり、想像して描く絵です。幼稚園や小学校低学年では想像力を働かせて豊かな絵をどんどん描きます。しかし年令や経験を積むと「見える通りに描きたい。」という要望が生まれて来ます。

    自由な発想を育て伸ばしながら、客観的な表現力を身につけるのは一見矛盾するようですが、独自のカリキュラムで無理なくこの両立を計ります。

    4.工作

    工作は、身近にある素材・紙・木・布・プラスティック等を使って加工の方法を知りながら、工夫して「条件や目的」にあったものを作り上げていきます。安全で効果的な道具の使い方や合理的な手順、ものの道理を学び、ものを大切にする気持ちを育てます。

    4.工作

    工作は、身近にある素材・紙・木・布・プラスティック等を使って加工の方法を知りながら、工夫して「条件や目的」にあったものを作り上げていきます。安全で効果的な道具の使い方や合理的な手順、ものの道理を学び、ものを大切にする気持ちを育てます。

    All Posts
    ×